시간 제한메모리 제한제출정답맞힌 사람정답 비율
2 초 1024 MB94177572584.696%

문제

JOI 高校の生徒である葵と凛は,教師の理恵先生と一緒に 3 人で金平糖を同じ数だけ食べることにした.

いま,葵は A 粒,凛は B 粒,理恵先生は C 粒の金平糖を食べた.3 人が食べた金平糖の個数を等しくするには,最小で合計いくつの金平糖を追加で食べる必要があるだろうか.

3 人が食べた金平糖の個数 A, B, C が与えられたとき,追加で食べる金平糖の個数の最小値を求めるプログラムを作成せよ.

입력

入力は以下の形式で標準入力から与えられる.

A B C

출력

標準出力に,追加で食べる金平糖の個数の最小値を 1 行で出力せよ.

제한

  • 1 ≦ A ≦ 100
  • 1 ≦ B ≦ 100
  • 1 ≦ C ≦ 100
  • 入力される値はすべて整数である.

서브태스크

번호배점제한
140

A < B < C

260

追加の制約はない.

예제 입력 1

4 6 9

예제 출력 1

8

葵は 4 粒,凛は 6 粒,理恵先生は 9 粒の金平糖を食べた.

葵が 5 粒の,凛が 3 粒の金平糖を追加で食べれば,3 人が食べた金平糖の個数はともに 9 個となる.このとき,追加で食べた金平糖は合計 8 粒である.

8 粒よりも少ない量を追加で食べて個数を等しくすることは不可能であるため,8 を出力する.

この入力例はすべての小課題の制約を満たす.

예제 입력 2

35 35 35

예제 출력 2

0

金平糖を追加で食べる必要がないため,0 を出力する.

この入力例は小課題 2 の制約のみを満たす.

채점 및 기타 정보

  • 예제는 채점하지 않는다.